新着情報

ガーデニングを楽しんでみよう

最近はガーデニングへの注目が大きくなっています。自宅に庭がある人は、庭木を植えたり花を植えたりして、庭の手入れを楽しんだりもします。また、自宅の中でも多肉植物と呼ばれる、比較的簡単な育て方の観賞用の植物を、育てている人も多くいます。

多肉植物のカネノナルキを育てよう

観葉植物

カネノナルキの田植えの時期を知ろう

カネノナルキは0度以上の気温が必要な植物です。そのため、根っこに霜が当たると枯れてしまうこともあります。そのため、寒い地域などでは植木に入れて育てることが一般的です。植木は苗より1回り大きなもので育てて上げるのが大事です。また、4月から6月、または9月から10月に植え付けを行うのが最適です。

土を配合して土作りを行おう

カネノナルキは水はけのよい土を好みます。そのため、赤玉土と川砂を配合で混ぜ合わせた土を使いましょう。また、配合に不安がある場合は、市販の多肉植物用培養土を使うのもいいかもしれません。

水やりの周期をきちんと覚えておく

多肉植物は乾燥気味に育てるといいとされています。そのため、春から夏にかけては土の表面が乾いているのを確認してから、たっぷりと水を上げましょう。8月以降からは土が乾いてから水を与える期間を徐々に空けていきましょう。冬は、月に1回から2回でも十分です。

肥料の与え方もチェック

肥料は4月から7月の間で、2ヶ月に1回のペースで固形の肥料を株元においてやるか、薄めた体液肥料を10日から15日に1回、水の代わりに与えてあげましょう。

カネノナルキの剪定の時期を知ることも大切

カネノナルキは多肉植物の中でも大きく成長するタイプの植物です。そのため、株が大きくなりすぎることがあります。枝などを剪定することで整えてあげることが大事です。株が若いうちは4月から6月に剪定を行いますが、成長した後は4月から10月の間であればいつ行なっても大丈夫です。

[PR]
草むしりで困らないで!
サポート・サービスが充実♪

庭の手入れを楽しみながら植物を愛でてみましょう

観葉植物

ガーデニングにつきものな庭の手入れ

綺麗な庭を作るためには、庭の手入れは欠かせません。その中でも重要なのは草むしりです。雑草がそのままになってしまうと、本来庭木や花へ行くはずの栄養を横取りされてしまいます。また、虫も発生してしまうため、衛生的にもよくありません。

部屋

間伐も視野に入れなくてはいけない

広い庭を持っている人は、たくさんの庭木を育てています。1本1本に愛情を注いで育てている木でも、狭い空間で一緒に育てていると、どうしても栄養が偏ってしまい、成長に差が生まれてしいます。そのため、状態が悪い木を間伐することで、他の木の成長を促していくことも考えておく必要があります。

部屋

植物を育てることで趣味の時間を作る

現代人は趣味を持っていないと答える人が多くなりました。確かに仕事が忙しくなってくると、物を作ったりしている趣味だと、疎かになってしまいます。しかし、植物ならば休みの日に水を上げたり、育て方を考えたり、手入れをしてあげることで、楽しむことが出来るので、趣味にするには最適かもしれません。

[PR]
間伐サービスまとめ
庭の手入れに手間暇かけない

庭の手入れを業者にお願いした人達の声を聞こう

部屋

プロの仕事だと感動しました

とても丁寧に対応してくれて、予算などの相談も慎重に受け答えをしてもらえました。また、草刈りをお願いしたが、生えている草や木の説明もしてもらえて、感動しました。

明るく元気な対応をしてくれた

最近は忙しくて、庭木が荒れ放題でどうしようか迷っていました。家族と相談して、費用はかかりますが剪定を業者にお願いしました。実際に訪問してくれたスタッフはとても明るく元気でとても気持ちのいい対応をしてくれた。また、剪定も綺麗に整えてくれて満足です。

近隣への配慮がきちんとされていた

実家の庭の手入れをお願いした際に、作業前に近所の人達にきちんと挨拶をしてくれたのがとても助かりました。また作業後の後片付けや掃除まで丁寧で、とてもありがたかったです。

植木屋は高いと思っていた概念が変わった

いつもは自分で庭の手入れを行なっていたんですが、身体を壊してしまい作業ができなくなってしまいました。そこで初めて植木屋さんにお願いしたら、植木屋さんはとてもリーズナブルに対応してくれた。また、終わった後のしつこいセールスがないのもよかったので、次もお願いしようと思います。

立ち会いができなかったが写真を送ってもらった

庭木の剪定をお願いしたのですが、当日自分が立ち会うことが出来ませんでした。しかし、作業が終了した後にメールが届き、出来上がった庭木の写真が送られてきました。それも1枚だけではなく、角度を変えて何枚かあったために、とてもよく分かるものでした。

[PR]
庭木の剪定依頼は業者へ
スピーディーな対応が話題に

[PR]
多肉植物の育て方をチェック
置き場所などを事前に確認できちゃう

広告募集中